NixProカラーデータベースの管理

Nix Proカラーセンサーを使用すると、独自のカラーライブラリをインポートして既存のデータをエクスポートするオプションがあります。以下は、プロセスを順を追って説明するのに役立ついくつかのガイドです。

ご注意ください カラーデータのインポートとエクスポートは、NixProカラーセンサーとNixProカラーセンサーアプリを使用している場合にのみ利用できます。これらのガイドは、Nix Mini ColorSensorと互換性がありません。

アプリでフォルダーを作成する(AndroidおよびiOS)

1.データベースのすべての色でフォルダを作成します
私。色をスキャンする
ii。保存アイコン(右上隅)をクリックします
iii。色の情報を入力します(データベース内の各色でフォルダが同じであることを確認してください-フォルダアイコンをクリックして目的のフォルダを選択してください)

2.すべての色についてステップ1を完了します

3.設定メニューに移動します

4. [スキャン設定]がD50の光源と2度のオブザーバーに設定されていることを確認します

5.「スキャンした色をエクスポート」をクリックします

アンドロイド用

1.エクスポートするフォルダをクリックします–フォルダはダウンロードにエクスポートされます

2.マイファイルに移動–ダウンロード履歴

3.ファイルを長押しして選択します

4.オプションについては、左上隅にある「<」の記号をクリックします

5.ファイルを自分宛てに電子メールで送信するのが最も簡単

6.メールを送信する

iOSの場合

1.エクスポートするフォルダをクリックします–オプションのメニューが表示されます

2.最も簡単なのは自分にファイルを電子メールで送信することです–「メール」オプションをクリックします

3.メールを送信する

ファイルがコンピュータにあると

1.Excelでファイルを開く

2. XYZ値をコピーします(X列、Y列、Z列)

3. XYZ値をNix_CSV_Templateファイルに貼り付けます–以前に入力した名前に合わせます

4.ファイルの保存–AndroidおよびiOSのインポートガイドについては次のタブを参照してください

1.ダウンロード NixProカラーセンサー からのアプリ Google Playストア

2.カスタムデータベースをデバイスにリンクされた電子メールアドレスに電子メールで送信します–データベースを添付します

3.デバイスの電子メールアプリケーションから、添付のCSVファイルをダウンロードフォルダーにダウンロードします

4. NixProカラーセンサーアプリを開きます

5.左上隅にある3本の線のアイコンをクリックします–これによりメニューが表示されます

6.メインメニューから「設定」にアクセスします

7.「設定」から—「カラーライブラリのインポート」を選択します

8.メニューアイコンから「ダウンロード」を選択します

9. Downloadsフォルダーからcsvファイルを選択します(つまり、ファイルは「Nix_Sensor_Custom_Database.csv」です)。

10.ライブラリに名前を付けて、「OK」をクリックします

1.からNixProカラーセンサーをダウンロードします App Store

2.データベースをデバイスにリンクされた電子メールに電子メールで送信します–データベースを添付します

3.この電子メールにはCSVファイルが含まれています–ファイルを開かないでください(図1を参照)

図1:CSVデータベースを含むiOSの電子メール

4.メニューがポップアップするまで添付ファイルを長押しします–「NixProカラーセンサーにコピー」を選択します–アプリが開きます(図2を参照)

図2:iOSメールから添付ファイルをタップアンドホールドした後–このメニューが表示されます

5.ライブラリに名前を付けて、[OK]をクリックします(図3を参照)。

図3:ライブラリに名前を付け、NixProカラーセンサーiOSアプリで[OK]をクリックします

6.カスタムデータベースがカラーライブラリに追加されました。

Nix Proカラーセンサーアプリを使用すると、ユーザーはカスタムデータベースを作成して、ユーザーのアプリのカラーライブラリに直接コピーできます。ユーザーがファンデッキまたは他のカラーサンプルを持っている場合は、それらを一致させたいと考えています。以下の例では、カスタムデータベースがファンデッキから作成されています。

1.データベースの最初の色をスキャンします。 Nix Proをスキャンするカラーサンプル/見本にしっかりと置き、すべての周囲光を遮断して、最高のスキャンを実現します。

Nix CSVテンプレートをダウンロードするには、ここをクリックしてください。ダウンロードしたら、Excelでスプレッドシート「Nix_CSV_Template.csv」を開きます。テンプレートのスクリーンキャプチャについては、図1を参照してください。

図1:入力するセクションを示すNixCSVテンプレートのスクリーンキャプチャ

2.国と県にそれぞれの場所を入力します(図1-青)

3.ブランド名とカラーコレクションを記入します(図1-ピンク)

4.色の名前と色番号を入力します(図1-緑)

5.データベースに必要な各スキャンからXYZカラーデータを取得します(図1-赤)

  • 各色を個別にスキャンし、スキャン画面からXYZ値を記録します。 図2にスキャン画面を示します。
  • または、「アプリからの色のエクスポート」の次のタブを参照して、すべてのXYZデータを一度に実行する方法を確認してください
図2:XYZ値の場所を示すNixProカラーセンサーiOSアプリのスクリーンキャプチャ

6.アプリがファイルを読み取れるように、テンプレートの[メモ]セクションを空白のままにします

7.データベースに含めるすべてのカラーサンプルについて、手順1〜6を繰り返します。

8.データベースが完成したら、保存する必要があります– .csv形式で保存されていることを確認します(例:Nix Sensor_Sample Database.csv)

Nix Proカラーセンサーアプリを使用すると、ユーザーはカスタムデータベースを作成して、ユーザーのアプリのカラーライブラリに直接コピーできます。ユーザーがファンデッキまたは他のカラーサンプルを持っている場合は、それらを一致させたいと考えています。以下の例では、カスタムデータベースがファンデッキから作成されています。

1.データベースの最初の色をスキャンします。 Nix Proをスキャンするカラーサンプル/見本にしっかりと置き、すべての周囲光を遮断して、最高のスキャンを実現します。

カスタムデータベースステップ1

サンプルをスキャンします–ユーザーには下の画面に色とデータが表示されます

カスタムデータベースステップ2

2.色を保存します。

画面の右上にある保存アイコンをタップしてから、以下の手順a、b、cに従います。

フォルダプロアプリを保存

a。名前
b。説明(ユーザー次第、空白のままにするか、色番号を入力できます)
c。フォルダ(ユーザーによって名前が付けられます。これは、カラーライブラリまたはファンデッキの名前になります)。この例では、フォルダに「カラープレビュー」という名前を付けています。注意: 常に カラーライブラリごとに同じフォルダに保存します。

「色の保存」が開き、色を保存する名前と配置するフォルダのオプションが表示されます

3.データベースに追加する残りの色について、手順1と2を繰り返します。

新しいスキャンごとに新しい色の名前を作成し、フォルダーアイコンをタップして、手順2で作成したのと同じフォルダーを選択します。

スキャンをフォルダに保存する

これで、すべてのカラースキャンを含むフォルダーが作成されました。これは、メインメニューの[見本]の下にあります。

NixProアプリで見本を選択します
アプリに保存された見本が表示されます

「見本」ページからライブラリを選択した後、これをカラーライブラリにコピーできます。

4.メインメニューから設定に移動し、「スウォッチをライブラリにコピー」を選択します

アプリの[設定]メニューで、[スウォッチをライブラリにコピー]タブが強調表示されます

5.作成したデータベースをタップして、カラーライブラリに追加します。

「見本」ページは、保存されたデータを強調表示します

6.ライブラリが正常にインポートされたという通知が表示されます。

アプリのウィンドウに「ImportingSuccess」と表示されます

これで、データベースがカラーライブラリにあります。 [ブランド名]で、[ユーザー定義]を選択します。ライブラリがここに一覧表示されます。ハッピーマッチング!

「ブランドの選択」メニューの「ユーザー定義」タブが強調表示されます

その他のサポート

さらにサポートが必要な場合は、フリーダイヤル(NA)+1(800)649-1387までお電話いただくか、エージェントとライブチャットしてください。